補修方法編

基礎のひび割れ・欠損 モルタルの塗替え K-2-603
木軸・木枠・S造
工事概要

基礎のコンクリート表面のモルタルを全面撤去し、新たにモルタルを塗る。

*補修前   *補修後
03_木補-軸01_K-2-603_2_図.jpg概念断面図(chord作成、参考:参考文献2)
対応する不具合と原因 不具合
  • 基礎のひび割れ、欠損(K-2)
原因
  • 仕上材の施工不良
  • 下地処理の不良
適用条件
  • コンクリート表面のモルタル塗りに剥離と面的ひび割れが発生している場合に、適用可能な方法である。
工事手順の例
1.事前調査  
現場調査により適用条件を満たしていることを確認する。
ひび割れの状況を確認し、工事計画を立てる。
 
2.仕上モルタルの除去
基礎の表面のモルタルをサンダー、皮すき(ヘラ状のもの)等で除去する。
 
3.モルタル塗り
下地の処理及び清掃を行う。
下地・下塗層の吸水調整を行う。(参考:参考文献1)
モルタルを塗る。
 
4.養生
モルタルが正常に乾燥硬化するよう養生を行う。
 
5.最終確認
工事の仕上りを確認する。
仮設・養生シートなどを撤去し、後片付け、清掃を行う。
備考
  • 補修後に再度ひび割れが発生する場合は、根本的な原因が他にあると考えられるため、原因を調査の上、補修計画を作成する必要がある。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所
1 建築改修工事監理指針 令和元年版(上巻)[p344~345,p420~423](国土交通省大臣官房官庁営繕部) (一財)建築保全センター (一財)建築保全センター
2 外壁仕上げの損傷事例 原因と対策[p32] 日本建築仕上学会 (株)技術書院