補修方法編

降雨による漏水 棟部下地及びシーリング材の再施工 W-1-503
木軸・木枠
工事概要

屋根下地材およびシーリング材を再施工する。



棟部の納まりの例(chord作成)
対応する不具合と原因 不具合
  • 降雨による漏水(W-1)
    <軒部からの漏水>
原因
  • 屋根工法・材料の選択不良、品質不良
  • 屋根の各部位の納まり不良、施工不良
適用条件
  • 安全に作業できるスペースが確保できること。
工事手順の例
1.事前調査  
当事者からのヒアリングや現場の原因調査により、適用条件を満たしていることを確認する。
部分的なはがれなどによるものか、棟部全体のディテール不良によるものかを判断し、仮設規模を決定する。
 
2.(必要であれば)周辺屋根材のはがし
必要に応じて足場を設置し、養生を行う。
棟部は屋根材をはがしやすい部位であるが、棟換気部からの浸水であれば必要でない限り、はずさないほうが良い。
3.水切金物、下ぶき材のはがし
(4.捨水切の施工)*
5.笠木および下ぶき材のかぶせ
(屋根材の復旧)

下ぶき材のかぶせ例(chord作成)
(5.換気金物などの取り付け)*
(6.シーリング材の施工)*
 
7.棟板かぶせ  
 
8.片付け、清掃  
 
9.最終確認
降雨時に浸水がないことを確認する。
足場、養生等の撤去を行う。止水を確認するまで仮設は撤去しない方ことが望ましい。
   
*( )は棟換気金物を使用する場合  
備考
  • 棟換気金物を使用する場合は、当該製品の工事仕様書を厳守する。

参考文献

書名[該当箇所](監修) 編著者 発行所